「鬼滅の刃」の作者が女性だとわかり大論争!?・・・と思いきや始まる大喜利大会まとめ!

 

 

突如TLを騒がせたワード「鬼滅の刃の作者」。

これは、世間を騒がすことで有名な雑誌「文春」が鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴先生
の記事を書きその際に「女性作者」と性別を強調したことから、話題になりました。

少年誌の掲載と言うこともあり、吾峠先生が女性だと知らない人たちの
「知らなかった」というツイートから、
女性作者であることを隠していた(実際は隠していない)理由はなぜか?
性差別をするような人々がいるのでは?というという不安など
この話題に対して多くのツイートが見られました。

しかし、ほとんどの人が「作者の性別」は気にしない、気にするものではない、という結論に。
そして始まるTwitterならではのの大喜利大会(^▽^)/ぜひお楽しみください!


 

そもそもの原因!


漫画の面白さに「性別」を強調する必要はないですよね!
女性差別も心配ですが、無意識な男性差別も心配です!

 

 

Twitter上には批判してる人がいない?

 

批判する人を批判する人ばかり目に付きます…

 

それでも数は少ないですが「女性叩き」をするツイートも

 


「鋼の錬金術師」の作者が女性だと判明した際は大騒ぎになってました。

 

この女性が男性名を使うことは海外でもあるようです。

 

「ハリー・ポッター」の作者J・K・ローリングさんもその一人。

 

でも、漫画の面白さに作者の性別なんて関係ない!

 

 

名言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

のび太もこう言ってます(^▽^)/

 

作者の性別を考えて読む必要なんてない!

 

ちなみこの方たちも女性!

 

 

1989年(平成元年)生まれだそうです!

 

こういったパターンも!

 

実際にこういうこともあったそうです( ;∀;)

✨大喜利大会✨

 

はい、ここから大喜利始まります(^▽^)/

 

 

 

いかがでしたか?

色んな意見があり、これからもこういった話題は何度も出てくることでしょう。

その都度意見を交わしていきましょう(^▽^)/

 

おススメ記事↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事